デコつるの乳酸菌は何が凄いのか【他のサプリとの違い】

デコつるはアトピーやアレルギーで悩みを抱える方のために、
21種類の乳酸菌を兆単位で高密度に濃縮して配合したサプリです。

1日4粒で、乳酸菌が生きて腸まで届き、カラダの中からアレルギーやアトピー症状に効果を発揮し、症状の改善から綺麗な肌まで整えるために美容成分まで配合されています。

今回はデコつるに含まれている乳酸菌について深堀りして詳しく解説していきます。

乳酸菌

21種類の乳酸菌

他の乳酸菌飲料や乳酸菌サプリではだいたい1種類か数種類の乳酸菌が配合されていることが多いです。なのでどの乳酸菌が自分に合うか試す必要がありますが、

デコつるは21種類の乳酸菌を配合することで、それぞれの方の腸に確実に効果を発揮できるように考えて作られています。

圧倒的な数の乳酸菌

デコつるには1日分4錠に21種類の乳酸菌が4兆501億個も配合されています。
これが、何といっても1番の強みです。

4兆501億個というとパッと想像しにくいと思います。

その凄さをわかりやすく説明すると、

人の腸内には全部で100兆個の善玉菌がいます。
よくヨーグルトや乳酸菌製品のCMなんかで「乳酸菌を10億個配合!!」など目にすることが多いと思いますが、実は億単位の量では足りないのです。

腸内に100兆個の善玉菌がいることから、実は兆単位の数を摂らなければ腸内環境改善はまだしもアトピーの改善のような大きな効果を引き出すことはできません。
それに、乳酸菌は胃酸の影響を受けやすく生きて腸まで届くことはほとんどありません。(納豆菌なんかはかなり強いので胃酸で死滅することなく生きて腸まで届いたりします)

本当の意味で生きて腸まで届ける

乳酸菌が胃で死滅することを防ぐため、
デコつるでは、『腸溶性カプセル』というものを採用しています。
腸溶性カプセルは、胃ではなく腸で溶けるので、乳酸菌が胃酸の影響を受けることなく本当に生きて腸まで届けられます。

酢酸菌・酵母菌

乳酸菌のほかにも、善玉菌である酢酸菌と酵母菌も配合されています。

酢酸菌は、酢を作る上で必要な菌でクエン酸を豊富に含み、腸内のバランスを整え、便秘解消や食欲増進、血液をサラサラにするといわれています。

特に酢酸菌には、アレルギーの抑制作用があり、乳酸菌と一緒に摂るとその効果は2倍になるという研究結果が出ています。

酵母菌も腸内で善玉菌として働き、悪玉菌を抑制して腸内環境を整えてくれる効果があります。

フラクトオリゴ糖で乳酸菌を強化

腸内には体に良い働きをする善玉菌と、悪い働きをする悪玉菌がいて、
善玉菌の乳酸菌は、 悪玉菌の増加を抑えるために常に戦っています。
フラクトオリゴ糖は、消化されずに大腸まで届き、乳酸菌のエサになり乳酸菌の力を高めます。
腸内で有害な悪玉菌を抑えるので、悪玉菌が作り出す有害物質を減らすといわれています。

まとめ

デコつるに含まれる乳酸菌の凄さについて解説してみました。
乳酸菌の種類もそうですが、兆単位の量と本当の意味で生きて腸まで届く点がポイントです。

デコつるの高濃度の乳酸菌は腸内環境改善から、アトピーやアレルギーにも効果的です。アトピーやアレルギーの悩みがある方は是非試してみてはいかがでしょうか。


デコつるの効果についてのより詳しい記事はコチラ

タイトルとURLをコピーしました